くれんでぶログ

トレーニングや投資等やってみた事をだらだらと。

投資初心者が楽天証券で長期投資に挑戦中!2019年7月3日水曜日 お休みジムさぼったDAY

f:id:clenbuteroldiet:20190703114418p:plain

皆様こんにちは、「くれんでぶろーる」です。

昼寝後ジム行く予定でしたがどうにもやる気が起きずダラダラぐだぐだしてました。

ま、たまにはこんな贅沢な日も良いよね。

 

という事で2019年7月3日水曜日の手持ち商品を見て行きましょう。

 

 

 

 

全体評価損益

f:id:clenbuteroldiet:20190703154150j:plain

前日比-7,923 円

全体評価損益+26,276 円

全体評価額が増えてるのは投信を3万円買った(積立した)からです。

 

いやーG20効果もたったの1日だけでしたねw

今日の日経平均終値-116円。がっかりです。

 

 

国内株

f:id:clenbuteroldiet:20190703154900j:plain

前日比-4,930 円

全体評価は-9,210 円

昨日日産いくら騰げたんだっけ?一昨日か。

18円騰げからのー

昨日3円、今日16円で19円落ちとるやないかーい!いってこいやんけ!

 

全然関係ないですが(3092)ZOZOって2018年夏頃株価4千円超えてたのにダダ下がって今2,040円。2019年入ってから出来高倍増してるので売られまくってるのね。

いやね、今日の売買代金上位9位に居たから気になって見てみたの。

あれか?ZOZOアリガトウとかなんとかがおもくそ失敗してやめたから、そういうののせいか。あとは社長の行動と言動が原因かね。怖い怖い。

 

 

投資信託

f:id:clenbuteroldiet:20190703160947j:plain

前日比+30,458 円

評価損益+1,413 円

クレカ積立3銘柄1万円づつが受け渡されたみたい。

f:id:clenbuteroldiet:20190703161152j:plain

f:id:clenbuteroldiet:20190703161227j:plain

ほとんどの銘柄で基準価額が前日比プラスですね。

 

 

楽ラップ

f:id:clenbuteroldiet:20190703161914j:plain

前日比+750 円

評価損益は+2,818 円

ラップ始めてから含み益がこんなに出たの初。

まーこの先も騰ったり下がったりすっから別に嬉しくないけど。

f:id:clenbuteroldiet:20190703162134j:plain

日本株初のプラス。びっくり。

 

 

債券

f:id:clenbuteroldiet:20190703162557j:plain

評価損益は-3431円

気絶しとこ。

 

 

f:id:clenbuteroldiet:20190703162732j:plain

積立予定額0んなるまで毎日下がっとけ。

ずっと下がれ。騰がらなくていいわ。

f:id:clenbuteroldiet:20190703162950j:plain

 

 

今日気になった記事

 代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの価格が乱高下している。6月27日に1万3800ドルの年初来高値を付けたのもつかの間、7月2日未明には1万ドルを割り込んだ。1週間で3割近い下落を演じたビットコイン価格の裏には、別の仮想通貨「テザー」が絡む不透明な大量取引の影がある。
 仮想通貨に投資する30代の男性は「いま投資家はみなテザーばかり見ている」という。テザーはドルとの固定レートをうたった「ステーブルコイン」の一種。発行元のテザー社が大量に発行し、これを受け取った仮想通貨交換会社のビットフィネックスがビットコイン価格の動向を左右しているとの見方が多い。
 ビットフィネックスはビットコイン価格をテザーによる買いでつり上げたあと、売り抜けてドルに換金すれば利益を得られる。実際、情報サイトのコインマーケットキャップによると、ビットコインとテザーの売買代金はこの上昇局面でほぼ同じ推移をしていた。
 2日に1万ドルを割って下落したのも、27~28日をピークにテザーの取引金額が減っていることが原因とみられる。国際通貨研究所の志波和幸主任研究員は「ビットフィネックスの買いが減少しているとの見方が広まった」と指摘する。
 ビットコインの価格つり上げが取り沙汰されるのはこれが初めてではない。米テキサス大学のジョン・グリフィン教授らが18年6月に発表した論文でも同様の指摘がなされていた。
 テザーはドルの裏付けなしに発行されているとの疑念を持たれている。テザー社のドル保有額はテザー発行総額よりも少なく、代わりにビットコインを裏付けにしているとの見方がある。裏付け資産を欠くテザーでビットコインを買い続けている――。こうした疑惑があっても、値上がりが続くビットコインには上昇そのものに着目した投資家の買いが入る。
 市場関係者が注目する「クジラ警報(ホエール・アラート)」と呼ばれるウェブサイトがある。仮想通貨のブロックチェーンの取引履歴を追跡し、大口投資家の動向を示すものだ。ビットコイン価格が1万ドルを割った直後の午前2時に、テザー社は約1億ドルのテザーを発行したようだ。テザー絡みのビットコイン取引が再びふくらむ可能性もある。

 

日本経済新聞より引用

暗号資産(仮想通貨)にはどうにも手を出す気になれないのよね、気にはなってるんだけど「なんかあったらパアでしょ?」っていう理解してないが故の漠然とした不安がある。よく理解してる人からすれば「アホだなあ」と思われそうですが。

 

これと同じような心情を株や投資信託に対して今の老人世代は抱いてるのかも知れませんね「投資は危ない」みたいな。実際リスクもあるし。

 

まあでも色んな収入の形がある中で、やっぱり「労働収入」だけではキツイ。となると、なんらか別の収入源を確保せねばならず、そうすると「とりあえず現金があれば始められる」金融商品が一番手を出しやすい訳で、

 

「わからない=怖い」はそれこそ個人が勉強するなりなんなりして克服していくしかないよなーと思った今日この頃。

 

 

なんだか取り留めも無くなってきたので今日はこの辺で。

今日も見てくれてありがとうございます!

また明日~

 

 

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 


積立投資ランキング